製品一覧

DPNSシリーズ

NTTドコモのアクセスプレミアムサービスに接続し、遠隔地データ収集や機器の遠隔操作などのシステムを用意に実現するパケット通信端末です。無通信時の圧倒的な低消費電力が最大の特徴で、システム構築に必要となるバッテリーやソーラーを最小限に押さえる事が可能です。



IOCSシリーズ

I/Oのネットワーク上での管理を、容易に実現することができるIOCS(I/O Control Server)です。工場における機械の稼働状況管理や、サーバー室のアラーム(警報灯など)の制御で多数の実績を積んでおります。


Battry Asisst Module (BAM)

バッテリーの効率的運用の決定版!いち充電あたりの稼働時間延長や、寿命延命効果が期待できます。

 一般的に、バッテリー(鉛蓄電池)から効率的にエネルギーを取り出すためには、5時間率のバッテリーであれば0.2C放電が最適とされています。0.2C放電であれば、蓄電エネルギーの90%以上が取り出せるという事になるわけです。

 しかし、これを守るためにはバッテリーを並列にする必要があり、システムの重量が重くなり、また、コスト的にも現実的でない場合が多くみられます。

 仮に1C放電にした場合、取り出せるエネルギー量は50~60%、2C放電になると20~30%とも言われています。

 そこで、このEDLCモジュールをバッテリーに並列に接続し、バッテリーのピークアシストを行うことで、バッテリーに蓄電されたエネルギーを効率的に引き出すことが可能になります。